色合いは70点ぐらいですが、日が当たると綺麗です マウスを載せれば写真が変わります
 今朝は放射冷却もあって、この冬一番の冷え込みとなりました。最低気温は、気象台の発表では4度、自坊の温度計では3.5度でした。でも、夕方近くまでお天気が良かったので、体感的にはそんなに寒くなかった気がします。
 紅葉がずいぶん進みました。場所によっては、例年よりも1週間以上早いでしょう。
 ウェザーニュースは、「京都市内の紅葉観光は22日までが最もおすすめ」と発表していますが、一括りに「京都市内」と括るのはあまりに乱暴な。高雄や大原は早いでしょうし、東福寺当たりはもう少し遅いかも知れません。
 真如堂はというと、正直、わかりません。確かに早く進んでいて、もう散り始めた木もあれば、まだ緑色のままの木もあります。例年、12月になるころに綺麗になる自坊の前も、もう色付き始めています。でも、銀杏はまだ緑と黄色のない交ぜ状態です。
 早く紅葉している木も、澄んだように綺麗になっているのはわずか。大半は色が濁っていたり、少し赤黒かったりします。台風が2度来て、葉っぱが風に揉まれた影響も出ているように感じます。
 さて、いつ頃が一番いいのでしょう・・・。


  人が増えてきました / このあたりは盛りを過ぎつつあります マウスを載せれば写真が変わります
 今朝の地元紙の1面に真如堂の紅葉風景の写真が掲載され、「散策は無料」と書き添えてありました(ドローン動画もあります)。 。その‘効果’もあって、今日は急に人が増えました。地元紙ですから、ご覧になっているのは京都の方が大半。‘ちょっと散策’という出で立ちの方が多かったような気もします。知り合いの方も、「新聞を見たので」とお訪ねくださいました。
 明日から紅葉シーズンの本格的混雑が始まります。
 明日はお昼頃まで雨。その後の日も、スッキリ晴れる日はなさそうです。京都特有の時雨れになることもあるでしょう。でも、最低気温は3〜6度と、紅葉の色合いを良くするには適しています。今日の時点ではまだ冴えない紅い色ですが、冴えるような色合いになるといいですね。
 これからしばらくは、出来ればどこへも出かけたくありません。法事なども、「紅葉は綺麗ですが、お越しになるのが大変ですよ」と、他の日への振り替えをお勧めしました。
 混雑に巻き込まれて、電車や飛行機に乗り遅れたりなさらないよう、くれぐれもご注意ください。



    歩 き ま は れ ば た ま し ひ 揺 ら ぐ 紅 葉 山      本郷をさむ





        ひっそり咲く吉祥草 / 香り立つ菊渓菊   マウスを載せれば写真が変わります
 紅葉ばかりに目を奪われていると、小さな花を見落としてしまいそうになりますが、路端にひっそり咲いている花の美しさにハッとさせられます。
 ‘表’の写真は、「吉祥草」です。名前からして自坊にふさわしい草なので、かなり以前に誰かにいただいたものでしょう。繁殖力が旺盛なので、境内のあちらこちらに株分けして植えましたが、毎年紅葉の時期は踏みくちゃにされます。「釈尊が悟りを開いたときに菩提樹の下に、この草を敷いて坐したともいわれる(ブリタニカ国際大百科事典)」というのですから、お寺との縁も深い植物だったのですね。
 お越しになった時、境内で探してみてください。
 菊渓菊も小さく可憐な花を咲かせています。近くを通ると、菊の香りが漂って来ることがあって、「あんなに小さな花なのに、こんなに香りを放っているんだなぁ」と驚かされます。
 紅葉ばかりでは飽きてきますが、紅葉を見て、またこんな小さな花を見ると、相乗効果で両方がなおいっそう美しく輝いて見えてきます。
 さぁ、紅葉真っ盛りのこれから。思う存分お楽しみになってください。




     一  枚  の  紅  葉  且  散  る  静  か  さ  よ      高濱虚子