[戻る] ◎記帳 ◎最近 ◎前月 ◎次月 ◎探索 ?管理

2018年4月21日(土) 
 年を取るっていうことは
風邪か花粉か分からないが、起きると鼻が詰まってる。
なんとか出そうと、しつこく鼻をかんでいたらめまいがするようになった。
こちらは更年期かもしれない。
いろんな要因が複雑に関係しあって、根本が見えなくなる。
昔から風邪をひくたびに、一気に衰えたり老けたりする気がしている。
治りも遅くなるし、動きが鈍くなる。
病は気から、老けたと思うと更に老ける。
分かってはいるんだが、やっぱり春は苦痛だ。
わたし的、天中殺だから仕方ない。
咳をし過ぎて、肺まで痛いような気がして来たので、再び町医者へ。
レントゲンと血をとられた。
一週間後に結果を聞きに行く。
父は、脳梗塞とか心筋梗塞とか認知症とかいろいろあったが、直接の死因は肺炎だったので、これもまた神経質になる。
夕方になるとますます具合が悪くなるのは、ネットで調べた更年期の症状に当てはまる。
次は婦人科か。夜の気分の落ち込みを思うと心療内科の再診も必要か。
あぁ、年は取りたくないもんだ(=゜ω゜)ノ

2018年4月19日(木) 
 お墓参り
命日に一日遅れた。
隣駅から公園墓地まで一本で行けたバスルートが廃止になったようだ。
途中で乗り継げば同じルートで行けるが、風邪で体調も不安なので、途中で降りても大丈夫なように、今日は電車で行く事にした。
えっらい遠回りだ。
電車のルートもいろいろあるけど、どれも遠い。
車で行けば半分の時間で済むのに、ペーパードライバー歴30年の私としては、運転は無理。

お墓にお菓子と飲み物をお供えした途端、カラスがすぐ近くから狙ってる。
"おめぇにはやらねえよ"と睨み返し、その場で食べる。
カラス、いなくなる。
私の勝ち!
街路樹やどこかの庭木のハナミズキが今年も咲きだした。
スマホを忘れたので、写真が撮れなかった。
スマホを忘れて出ることなど珍しい。

2018年4月18日(水) 
 命日
母が亡くなって4年だなぁと思っていたら、明け方、夢に出てきた。
亡くなってから初めてかもしれない。
内容は忘れたけど、元気だった。
お墓に行こうと思っていたけど、朝から雨。
風邪も治ってないし、明日だなぁ。

2018年4月12日(木) 
 風邪?
起きたら喉が痛い。
風邪か?
喉からくる風邪は私にとっては珍しい。
昨日、久々に人ごみに出かけたから、どこかで貰ったか?

始めて行く町医者で診てもらい薬をもらう。
最近珍しい院内処方だ。
手間が省けて良いが、今でもあるんだなぁ。

2018年4月11日(水) 
 高校の友人と
高校の同級生が小原流の横浜支部90周年の花展に出品するというので、もう一人の同級生しのちゃんと見に行くことにした。
しのちゃんは、嵐のコンサートに一緒に行った仲だ。
追っかけるほどのファンではないが、嵐やV6の凄さを分かる人。
花展に行く前にランチしながら、ジャニネタだけで2時間以上盛り上がった。
お互いの近況を伝え合うこともなく、ジャニネタだけで、だ。
だって、しのちゃんてば、座るなり「岡田くん結婚しちゃったねぇ」と言うから、そこから四方八方に話は飛びつつ、憶測やら邪推やらを交えつつ気付けば2時間。
そういえば・・・と思い出し、
本来の目的の花展に行き、出品した友人も交えて、やっと近況など話しつつ、芸事の裏事情なんかも聞きながら再びあっという間に1時間。
あー、喋った喋った。

2018年4月6日(金) 
 ボス・ベイビー
ほぼ満席が続いていたので先送りにしていて、やっと見れたが、思ったほど刺さらなかったのは、子供を持ったことがないからかなぁ。
確かに子供は可愛らしく描かれているし、子供以外の画も丁寧に作られている。
花粉症の薬のせいで2度ほど睡魔に負けそうになったりしたけど、作品としては良いんだろうと思う。
映画の評価なんてものは、受け取る側の精神状態で大きく変わるから、もっと精神状態の良いときに見れば、とっても幸せな気分になるんだろうな。

2018年4月2日(月) 
 東京散策?

ひらパーが渋谷をジャックすると言うので、どんなもんか?と行ったついでに、ヒカリエでランチして、国立新美術館にイレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像に会いに行った。



イレーヌ・カーンは3度目の来日。
1990年の横浜、2010年の大阪、そして今回。
幸運にもその全てに会いに行ったことになる。
何度見ても美しい。
今回はビュールレコレクションとして来日したが、その収集を始めたスイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレの人物について、初めてちゃんと解説を読んでみた。
収集の財源となったのは、第1次・2次の世界大戦で武器を売ったことによって得た資金。
その時代の常識だったとはいえ、何だか切ない。

[2018年4月 書込件数:7件] 1