[戻る] ◎記帳 ◎最近 ◎前月 ◎次月 ◎探索 ?管理

2018年7月14日(土) 
 もうしょーがないなぁ(^^ゞ
京都や岐阜に比べたら、35度などまだまだだろうけど、横浜で猛暑日は珍しい。

気象庁のデータベースによると、横浜で35度を越える気温を観測したのは、記録が残っている1910年から去年までの108年間で65日しかない。

1900年代の90年間で31回なのに対して、2000年以降の18年間で34回。その内訳が、2000年から2009年までの10年間で17回、2010年から2017年までの8年間で17回。
そして、今日の最高気温が35.8度。歴代の同列17位だ。

この程度で音を上げるのは本当に甘いなと思うが、買い物に行くのさえ、日没を待っている。

2018年7月13日(金) 
 出来たーっ!
4年前にズボンが完成したあと、上着の衿付けでつまずき、4年越しでやっと完成したダンナのパジャマ。
良く見るといろいろありますが、まあまあの出来じゃないだろうか。
暑くて試着もできないので、評価は秋まで持ち越しだ。

2018年7月12日(木) 
 つらい。
西日本豪雨の被害状況が明らかになってきて、ニュースを見ると苦しくなる。
水がないのがとにかくつらいだろう。
支援物資を届けようにも道がないと言う。
ライフラインや交通網の復旧に、まさに死に物狂いで取り組んでいる人たちがいる。
行方不明者の捜索をしている人たちもつらかろう。
みんなが、安心した場所で休息がとれますように。

2018年7月11日(水) 
 危険度分布
気象庁のホームページに、土砂災害や洪水の危険度を知らせる情報が追加になった。
日本にはこんなに河川があるのかと驚いた。
たしかにどんな土地にも川はある。
そして、今回の西日本の水害のような災害は、日本のどこにでも起こり得る。
今の日本に全く安全な場所などないのかも知れない。

2018年7月10日(火) 
 100均で代用
最近流行りの味噌マドラーが欲しかったんだけど\1,500もするので、100均のミニ泡立て器で代用できるんじゃね?ってことでやってみたら、充分使える。
これが何ccに相当するのか分からないが、常に一定量が取れるし、そのままお玉で溶かせるので、超便利。
で、穴ぼこだらけになったこの味噌の表面は一旦平らにしないと、次にすすめないってことだな(^^;)

2018年7月6日(金) 
 いろいろありすぎ
平成最後の7月6日(来年の今日は平成ではないという意味で)は、いろいろありすぎた。
朝の時点では、この雨がどれだけの被害をもたらすかも知らずに、朝ドラが別のドラマになったかと思うような展開に今後どうなる?とのんきに思っていた。
すると、地下鉄サリン事件の死刑囚の刑が執行されたとのニュースであさイチが中断になり、さらに、文科省の裏口入学で医大のトップが辞職したり、タイの洞くつで救助隊員が死亡したり、昨年の少女殺害の容疑者が無期懲役の判決に対して控訴したり、いろいろありすぎだ。
まだまだ雨は続いている。
数十年に一度と言われる大雨による災害が毎年起きているこの状況が心配でならない。
でも、心配だけしてても何も変わらない。

2018年7月5日(木) 
 ワンダー 君は太陽 ネタバレ
一人の障がい者オギーと彼と関わる健常者たちの話というよりも、健常者にも悩みはあって、それは彼と関わることによるものでもあり、彼とは関係のないことでもあるというそれぞれが自分の人生を生きている人々のお話といえるだろう。
そう考えると、彼の障がいもたまたま一般的ではないが、単なるひとつの個性として捉えられるようになる。
結局は、人なんだな。
彼をいじめていたお金持ちの息子の両親が学校に呼び出される。
校長は息子を諭す。母親は、学校への多額の寄付金を恩に着せ、息子の正しさをまくしたてる。校長の思いは息子には届いたが親には届かず転校させられる。親は学校を見限ったつもりだろう。
登場人物の全員がオギーの味方になると嘘くさいが、絶対に自分の正しさを曲げないこういう人たちも現実には必ず存在する。

オギーは初めて学校へ行くことも恐る恐るだったが、1年後には多くの人の心を掴んでそれが自信につながった。これからも初めて会う人からは同じリアクションをされ、傷つくことも多いだろう。だが、それは相手も自分も慣れるということを学んだ。
ある意味守られた場所である学校という所は、誰も守ってくれない世間という場所に出るまでの予行練習の場所なんだな。
子役のジェイコブくんがまたスゴイ。

[2018年7月 書込件数:8件] [1] 2